Page: 1/2   >>
Daily
0

    5/18         Daily

     

    怪しい、というよりは少し淫靡な空気が部屋に漂っている。

    僕がいつものようにチャイムを鳴らさず部屋に押し入ると「やあ」と言ってすぐさま彼女は布団に入った。

    「眠いです。寝ます。どうぞご自由に。」

    彼女の部屋はいかにも一人暮らしの女の子の部屋といった感じで、白を基調とした壁に黄緑のカーテン。真ん中に長方形のテーブルと小さめのテレビ。あとは服がかけられているラックくらいだった。

    クッションに座り、何を探すわけでもなく部屋を観察する。ご自由にと言われてもご自由にできるほど何かあるわけでも、何をしたいわけでもなく彼女が寝ている布団に侵入する。

    彼女はそれを嫌がるでもなく、手を広げて歓迎するでもなく黙って僕を見つめた。その眼には妖艶というにはあまりに幼いが、それでも誘うような色気くらいは宿っていた。

    彼女の顔に手をやり、頬を優しくつねる。

    「いーたーい。」

    独特なイントネーションで彼女は嫌がる素振りを見せる。口で言うほど拒否していないのはもうわかっていた。

    そのまま彼女の頬を舐める。くすぐったいのか身体をよじらせ声をあげて笑う。空いた手でわき腹をくすぐる。更に笑う。ひとしきり彼女の反応を楽しんだ後、唇を噛む。言葉にはならないものの「痛い」と言っているのがわかる。

    厚みある唇を歯で挟み、ざらついた舌を舐める。唇をそっと離し、彼女を見つめる。今のはキスではない。というのがお互いの認識。そうでないといけないのだ。

    「眠いー。」

    空気を弛緩させるためにわざとらしく声を張り上げる。彼女も安心したように微笑む。仰向けになり白い天井を睨みつける。

    「何してんだろう。」

    心の中で毒づき、勢いよく立つ。ポケットに煙草が入っているのを確認するとベランダへと出る。レースのカーテンを乱暴にしめ、窓をそっと閉じる。

    吐き出した煙は陽光の中で朧げな輪郭を作って消えた。

     

    | project Blue Train | 00:50 | comments(0) | - |
    Someone like you
    0

      1/22    Someone like you

       

      いつからだろう

      歌詞の中の君や貴方に

      誰の影も見えなくなったのは

      包み込むような愛の歌も

      終わってしまった恋の歌も

      誰を想えばいいかわからない

      誰を想っていたのかわからない

      それでもあの曲を聴くと

      胸が苦しくなるのはなんでだろう。

      | project Blue Train | 00:39 | comments(0) | - |
      Sun
      0

        5/5  Sun

         

        明け方近くまでお酒を飲んで店を出る。

        燦燦と輝く太陽に目が眩む。

        一日の始まりと終わりの狭間。

        街を往来する人の姿はほとんどなく、すっきりとした空気が漂っている。

        烏が鳴きながらゴミを漁り、鳩がよちよちと道路を闊歩する。

        こんな景色を見るたびに、僕は生きていたいと強く願う。

        | project Blue Train | 00:31 | comments(0) | - |
        Heart
        0

          3/31  Heart

           

          獣のような剥き出しの凶暴性と

          心の底から溢れ出る優しさと

          両方のうちどちらか一つを選ぶ。

          どうしても二つは相容れなくて

          二律背反したその塊はお互いぶつけ合って消耗していく

          そうしてしばらく経つとわかる。

          僕にはどちらも相応しくないと。

          あぁ、あいつが羨ましい。

          誰彼構わず自分さえも傷つけて生きるぼろぼろになった姿が美しい。

          誰彼構わず救いの手を差し伸べて、この世界の汚さに染まらない純粋さが美しい。

           

          | project Blue Train | 00:27 | comments(0) | - |
          Thinking about
          0

            1/22     Thinking about

            そんな想いを馳せたり

            そんな想いに焦がれたり

            そんな想いに囚われたり

            そんな想いを待ち望んだり

            そんな想いに振り回されたり

            そんな想いを・・・

            いつからだろうか。

            そんな想いを失ったのは

            いつからだろうか。

            そんな想いを探さなければ見つからなくなったのは。


            | project Blue Train | 00:20 | comments(0) | - |
            【制作過程】4.着色2
            0

              こんにちは。

              Bin。です。

               

              平日はIT会社員として働いています。

              今担当している案件が開発真っ只中で定時に抜けられず、睡眠時間を削りながらお絵描きしてる毎日です。

              大体深夜3時くらいまで作業ますね、万年睡眠不足です。

              何はともあれゲームを完成させるまでは死ぬに死にきれないので、コミケ当日までは生きてお絵描きしていきたいですね!!

               

              では、こちらの絵の制作過程着色の2回目更新になります!

               

               

              「着色を終えた後に"線画のほうがよかった"とならないように...」

               

              着色作業中は常にこれが頭の中にあります。

               

              着色については結構気分次第でやりかたや順番を変えます。
              特に目の着色に関しては、一番に塗ったり最後に塗ったり毎回違います。

               

              それ以外だと髪は初めに塗るのはほぼ毎回一緒ですね。
              春ちゃんはロングなので、だいぶ作業時間を使います。そのため力が有り余ってる最初にやっておきたいってところですね。
              髪→肌→服(上)→服(下)→小物
              の順番が多かったりします。

               

              着色時点で塗り方のイメージが固まってるか所から塗ったりする場合も多いです。

               

               

              ゲームイラストは1枚1枚にこだわって時間をかけられないというお絵描きとしては苦痛な制約があるため、
              各パーツごとの工程は、
              .哀薀如璽轡腑
              1影
              2影
              ぅ魯ぅ薀ぅ
              イ修梁掌果など
              が基本形となります。
               

              今回のゲームの基本塗りとしては、ギャルゲ風を目指したアニメ塗りとどっちつかずの塗りをしています。
              1影をぼかして2影で締めるといった感じですね。
               

              各パーツごとに平均1時間程度で収まるように塗っていきます。
              どうしても気に食わない出来になったりすると、下塗りの状態からやり直したりします。
               

              それとここでもパーツごとに塗り終わると都度グーグルドライブにアップしてスマホで確認したりしながら調整しています。
              塗ってるときは液タブのモニタなので、違う媒体で確認すると色味が違ったりしますね。そのための確認もします。
               

               

              一通り塗り終わったイラスト。
              線画と比べて色塗って劣化してないと思いたい...
               

              白背景で色味を調節しても、あとで背景を入れたり、仕上げ加工したりで結局最終調整が入るので、
              この段階では影が暗すぎたり、特定のパーツだけ浮いてないか確認したりする程度に抑えます。
               

              次は背景を入れていきます。
              次回更新「【制作過程】5.背景」

              ではでは。

              | project Blue Train | 18:00 | comments(0) | - |
              【制作過程】3.着色1
              0

                こんにちは。

                Bin。です。

                 

                今回から着色作業に入ります。

                 

                 

                「着色を終えた後に"線画のほうがよかった"とならないように...」

                 

                着色作業に入る前にまず祈ります。
                普通にあるんですよね。頑張って時間かけて塗ったのに線画のほうが見栄えが良い現象。
                お絵描き作業以外にもあるんですかね、この現象?気になります。

                 

                それでは、事前の祈祷は済ませて着色作業行ってみましょう!
                着色作業は何かと工程が分かれるので記事を2回に分けて投稿します。

                まずは下塗り作業!(ここだけは機械的な地味作業※重要※)

                 

                (スナップショットの取り忘れで目だけ塗ってあるものしかありませんでした...)

                 

                下塗り作業は、人によってやりかた違いますよね。
                私の場合は、SAIの自動選択ツールでバッとぬって、「選択範囲を1px増やす」機能を使用した後選択ペンツールを1px以下にしてひたすら塗り残しをつぶしてバケツで塗る方法で下塗りを行います。
                多分効率はかなり悪いと思います(笑
                最初覚えたときにこの方法でやってからずっとこのままです。

                 

                私は、今回のゲームのヒロインの春ちゃんに関しては設定色を決めてますので、各パーツの1番薄い色で塗っていきますが、
                色はフィルタフィルタ機能で後から変更可能なので適当な色で塗ってしまっていいと思います。

                 

                各パーツごとに同じ作業をやっていきます。
                地味に時間がかかる...
                画像のキャンパスサイズが大きいほど大変...
                モチベーションと闘いながらいかに早く作業を終えられるかが大事!

                 

                 

                一通り塗り終えたらなんとなく背景と簡単な加工イメージをやっつけで試してみて頭の中のイメージとの差をなくしたりする確認をします。

                下塗りを終えたらいざ着色!
                ここからが本当の勝負ですね。
                気を抜いたら変なものができます。完成形のイメージを忘れず頑張っていきます。
                次回は「【制作過程】4.着色2」引き続き着色に関する更新となります。

                 

                ではでは〜。

                | project Blue Train | 18:00 | comments(0) | - |
                【制作過程】2.線画
                0

                  こんにちは。

                  Bin。です。

                   

                  気づけばコミケまで2か月を切っている事実に驚愕しています。

                  多分コミケ出る人はみんな思っているでしょう。

                  現実逃避で考えないようにしている人のほうが多いかな?

                   

                  では、今回は制作過程の線画ステップの内容となります。

                  ↓完成イラストはこちら!

                   

                  ---------------------------------------------------------

                   

                  前回の下書きを線画に起こします。
                  前回の記事でお伝えしましたが、下書きを終えた段階でほぼほぼ線画に近い状態まで描きこむため、
                  線画作業はいかにきれいに線を乗せられるかの勝負となります。

                   

                  線を1回描き終えたらおかしいところをできるだけつぶします。
                  ・左右反転して崩れないか…(大体崩れる)
                  ・顔と体部品の大きさがおかしくないか…(ちょっと直して妥協)
                  etc...

                  あと意識するのは、この後の下塗り作業を楽にできるように線の隙間をなくすようにしておきます。
                  下書きのレイヤーを非表示にして線画だけをSAIの回転機能でくるくる回して遊ぶのがとても楽しい!

                   

                   

                  仮置きの背景画像を表示してみたりして再度完成形のイメージを固めます。
                  ここらへんから真剣に影の置き方や仕上げのイメージを作業レベルで考えていきます。
                  私の場合は各ステップのイラストをjpgで保存してグーグルドライブにアップロードしておいて、
                  仕事の休憩中など隙間時間に見ながらどんな感じにするかイメージしていきます。
                  このイメージが具体的に描けると着色からの作業が抜群に早くなります。


                  線画については以上になります。
                  次回は「【制作過程】3.着色1」を更新します。

                  ではでは〜。
                   

                  | project Blue Train | 18:00 | comments(0) | - |
                  【制作過程】1.下描き
                  0

                    こんにちは。

                    お絵描き&シナリオ以外担当のBin。です。

                     

                    今回からコミケ96に出品する現在作成中のゲーム「四季折々~Seasons of Love~」に使用するイラストの下書き〜仕上げまでの作業過程を10回に分けて投稿したいと思います!

                    2日に1回ペースで定期更新する予定です。

                    どうぞよろしくお願いします!

                     

                    【完成イラスト】

                    ・この絵の作業過程を例に書いていきます!

                     

                    --以下本文--

                    【作業環境】

                    ・ペンタブ:HUION KAMVAS PRO 20 GT-192(液タブ)

                    ・お絵かきソフト:SAI、phptoshop

                    ・作業のお供:お菓子。眠眠打破シリーズ(強強打破・激強打破)

                     

                     

                     

                    下書きです。

                    基本的に1枚絵をかくときは、アナログでコピー用紙に下書きをしてパソコンに取り込んで線画からデジタル作業をするんですが、

                    作業時間短縮のためゲーム用のイラストはパソコンから下書きを行っています。

                    ゲーム制作をするにあたって、板タブから液タブへ移行しましたが段違いに作業効率が良くなりました!(体感3分の1以下の時間で作業できるようになってます)

                    10年位前に液タブの存在を知ってずっと欲しかったので、奮発してよかった。

                     

                    私は下書きを3段回くらいで描いてます。

                    〜澗凌泙鬚弔むためのざっくり下書き(←これは頭の中に設計図がない場合にやります)

                    大体の細部を描きこんだ下書き(線は走り書き)

                    2悉颪△寮を整えた下書き(ほぼこのまま線画にできるくらいに線を整えます)

                     

                    本当は下書き△世韻農画に入りたいんですが、下書きをしないと線画が満足いくものにならないため私には必要なステップだと思ってます。

                    ちなみに上のが下書き画像は、大体,鉢△鮃腓錣擦燭發里任垢諭(この絵はアナログでイメージを描き起こしていたので大体固まってました)

                    完成形のイメージを膨らませるために背景っぽいものを仮置きして確認したりします。

                     

                    続いて下書き

                     

                     

                    大体もう線画ですね。

                    下書き△鬟戞璽垢忘拮瑤鯢舛こんでいます。

                    何回か手の位置や顔の向き髪のなびきなどこの段階で何パターンか試行錯誤しています。

                    ここまでの下書きにかかる時間は、頭の中でイメージが決まっている場合は2~3時間ほどですね。

                    全くイメージができていない場合は、下書き,涼奮で長ければ半日くらい悩みます(笑

                     

                    下書き作業はこの後の線が着色作業のモチベーションにかなり影響するので、できるだけ満足いくように張り切って書いています。

                     

                    …ちなみに初期段階のラフはこうでした。

                    全然違いますね^^;

                    まぁ大体下書き段階はこんな感じですね。

                     

                    今回の下書き作業過程は以上になります。

                    次は2日後に「【制作過程】∪画」を更新いたします。

                    興味のある方はぜひよろしくお願いいたします!!

                    | project Blue Train | 19:00 | comments(0) | - |
                    ・・●【コミケ96参加のご報告】●・・
                    0

                      ★コミケ96に出ます!!!

                      ★初成人向けオリジナルADVゲーム出します!!!

                       

                      ↓以下コミケ96参加情報

                       

                      ・サークル名:project Blue Train

                      ・頒布物:成人向けオリジナルADVゲーム『四季折々〜Seasons of Love〜』-第一章 春の町-
                      ・ブース: 4日目(月) 南メ 44a

                      ・サークル詳細ページ:https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/14512501

                       

                       

                       

                      このサークルカットを目印に!

                       

                      取り急ぎ、コミケ96参加報告でした。

                      制作過程や、宣伝など更新する予定なので興味のある方はぜひチェックしてみてください!!

                       

                      では、シナリオ以外担当のBin。でした!

                      | project Blue Train | 16:08 | comments(0) | - |

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      Profile

                      お客様詳細

                      本日のお客様

                      Search

                      Entry

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode