Entry: main  << >>
【制作過程】1.下描き
0

    こんにちは。

    お絵描き&シナリオ以外担当のBin。です。

     

    今回からコミケ96に出品する現在作成中のゲーム「四季折々~Seasons of Love~」に使用するイラストの下書き〜仕上げまでの作業過程を10回に分けて投稿したいと思います!

    2日に1回ペースで定期更新する予定です。

    どうぞよろしくお願いします!

     

    【完成イラスト】

    ・この絵の作業過程を例に書いていきます!

     

    --以下本文--

    【作業環境】

    ・ペンタブ:HUION KAMVAS PRO 20 GT-192(液タブ)

    ・お絵かきソフト:SAI、phptoshop

    ・作業のお供:お菓子。眠眠打破シリーズ(強強打破・激強打破)

     

     

     

    下書きです。

    基本的に1枚絵をかくときは、アナログでコピー用紙に下書きをしてパソコンに取り込んで線画からデジタル作業をするんですが、

    作業時間短縮のためゲーム用のイラストはパソコンから下書きを行っています。

    ゲーム制作をするにあたって、板タブから液タブへ移行しましたが段違いに作業効率が良くなりました!(体感3分の1以下の時間で作業できるようになってます)

    10年位前に液タブの存在を知ってずっと欲しかったので、奮発してよかった。

     

    私は下書きを3段回くらいで描いてます。

    〜澗凌泙鬚弔むためのざっくり下書き(←これは頭の中に設計図がない場合にやります)

    大体の細部を描きこんだ下書き(線は走り書き)

    2悉颪△寮を整えた下書き(ほぼこのまま線画にできるくらいに線を整えます)

     

    本当は下書き△世韻農画に入りたいんですが、下書きをしないと線画が満足いくものにならないため私には必要なステップだと思ってます。

    ちなみに上のが下書き画像は、大体,鉢△鮃腓錣擦燭發里任垢諭(この絵はアナログでイメージを描き起こしていたので大体固まってました)

    完成形のイメージを膨らませるために背景っぽいものを仮置きして確認したりします。

     

    続いて下書き

     

     

    大体もう線画ですね。

    下書き△鬟戞璽垢忘拮瑤鯢舛こんでいます。

    何回か手の位置や顔の向き髪のなびきなどこの段階で何パターンか試行錯誤しています。

    ここまでの下書きにかかる時間は、頭の中でイメージが決まっている場合は2~3時間ほどですね。

    全くイメージができていない場合は、下書き,涼奮で長ければ半日くらい悩みます(笑

     

    下書き作業はこの後の線が着色作業のモチベーションにかなり影響するので、できるだけ満足いくように張り切って書いています。

     

    …ちなみに初期段階のラフはこうでした。

    全然違いますね^^;

    まぁ大体下書き段階はこんな感じですね。

     

    今回の下書き作業過程は以上になります。

    次は2日後に「【制作過程】∪画」を更新いたします。

    興味のある方はぜひよろしくお願いいたします!!

    | project Blue Train | 19:00 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    Profile

    お客様詳細

    本日のお客様

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode